Amazon PrimeVideoには英語のアニメもたくさんあります!

3歳子連れMSCベリッシマ乗船記-①計画編(2024冬片道クルーズ)

スポンサーリンク

※当ブログ内にはプロモーションを含む記事があります。

こんにちは、Saraです。息子と一緒に親子でおうち英語に取り組んでいます

2024年1月、MSCベリッシマにて3世代でクルーズ旅行を楽しんできました!

英語を話すスタッフが多いので、おうち英語をしている息子にはピッタリと思える旅行になりました。

これから行かれる方の参考になるように、できるだけ詳しく乗船記(旅行記)をお届けしたいと思います。

子連れで行くときの持ち物は?

冬ってプールは使える?

3歳幼児でも楽しめる?

レストランに子供用のメニューはある?

などなど、色々と書いていきたいと思いますので良かったらお付き合いください

スポンサーリンク

冬のクルーズを選んだ経緯

ちょっとお仕事を頑張ったご褒美に特別休暇をもらえることになり(夫も一緒に)、それならお正月明けの閑散期に旅行しようということになりました。(2023年9月のこと)

もちろん、その時期をねらったのは旅費が安いからです。

でも、冬だし寒いの苦手だし

だから本当はハワイに行こうかと思ってたんです。

で、良さげなコンドミニアムを見つけて、どうせならプレミアムエコノミーで行きたいよね

なんて話をしていて、ざっと計算してみたら…

5泊7日で家族3人で100万円に届きそうな勢いでした…(エコノミーで行けって感じですが(笑))

ハワイの物価高、燃油高、円安

のトリプルパンチです

まぁ、噂でも「現地での朝食に数千円」とか、とにかく何するにも高いって聞いていたのですが

まさかここまでとは…と。

これじゃあなんだか、値段ばかり気になって現地で楽しめそうにないねと、断念。

もう、ハワイは日本人の手の届かない国になった感です。

そこで、「そういえば、コロナが明けたらクルーズ旅行したかったんだ」

というのを思い出し、クルーズ旅行に切り替えることになりました。

スポンサーリンク

過去3度のクルーズ経験があります

クルーズ船って、今は一般的にはどういうイメージなんでしょうか?

コロナのときに、ダイヤモンドプリンセスがあんなことになって、すごく悪いイメージがついてしまったんじゃないんかな?と悲しかったです…。

私と夫は息子が産まれる前に3度のクルーズ旅行の経験があります。

  • プライド・オブ・アメリカ(ハワイ4島クルーズ)
  • コスタ・ネオ・ロマンチカ(金沢発着日本海クルーズ)
  • ダイヤモンドプリンセス(東北、北海道周遊)

なので、

クルーズってすごい楽しいし!

想像してたよりリーズナブルだよね!

というイメージがすでにあったのと

あんなに大きな船、乗り物好きの息子が絶対喜ぶよね!

という確信があり、今回迷いなくクルーズ旅行を探すことになったのでした。

クルーズ旅行の探し方

どの船にする?

日本の港を発着する旅行用のクルーズ船は、主に船籍(船の国籍)が日本か外国かで大きく違ってきます。

ものすごーくざっくり分けるとこんな感じです。船籍が日本でない場合は、日本国内だけのクルーズはできないようで、必ず海外に寄港するので、海外旅行扱いになりパスポート必須です。

クルーズ船 船籍 パスポート 船のランク 旅費
飛鳥Ⅱ 日本 不要(国内周遊なら) ラグジュアリー 高い
にっぽん丸 日本 不要(国内周遊なら) ラグジュアリー 高い
ダイヤモンドプリンセス 海外 必須 プレミアム 普通
MSCベリッシマ 海外 必須 カジュアル 安い

ラグジュアリー船はほんっとうに価格が高いので、庶民の自分には手が出ません…(特に飛鳥)

行けるとしたら、外国船の2択なのですが…旅費のことだけ考えたら

子連れなら、こども料金無料のMSCベリッシマ1択です!

MSCベリッシマのすごいところは、大人2名で1室利用するなら

3~5人目の子供(0~17歳/MSCヨットクラブ以外) :無料

なんです。(2024年1月時点)

17歳までってすごくないですか!?

しかも添い寝ではなくて、(狭くはなるけど)エキストラベッド利用でもOKです。

※別途、港湾税やチップ代はかかります。

対するダイヤモンドプリンセスは

子ども料金設定なし!0歳から大人と同額!(公式サイトより)

逆にすごい…、これは…子供歓迎してないのかもですね。

大人子ども問わず1室3名以上であれば、3人目割引はありますが、それでも割と高いです。

というわけで、MSCベリッシマに決まりました

どの旅程にする?

冬のクルーズはあまり本数が多くありません。

公式サイトで調べてみても、もう1月7日 横浜発のくらいしかちょうど良いのがありませんでした。

なので、以下のクルーズに決定!

日次入港出港
1横浜/神奈川県(日本) 22:00
2終日航海日 
3終日航海日 
4基隆/台北(台湾) 13:00(停泊)
5基隆/台北(台湾) (停泊)18:00
6石垣島/沖縄県(日本) 7:0017:00
7那覇/沖縄県(日本) 7:00

本当は往復で横浜まで戻ってきてほしかったけど、選択肢が他にないので仕方なく那覇に着いて解散する日程です…

帰りは当日中に那覇から飛行機で羽田に戻ることにしました。

どのエクスペリエンスにする?

船と旅程を決めたところで、私自身も初めてのMSCベリッシマ。

今まで経験した船にはなかった「エクスペリエンス」という選択肢があることを知りました。

MSCベリッシマ独自のもので、例えば「海側バルコニー」の部屋を選んだとして、

エクスペリエンスは付属する特典が異なるという感じでしょうか

現状では、以下の比較表のような違いがあります。

エクスペリエンス別比較表ファンタスティカアウレアMSCヨットクラブ
予約時キャビン番号を指定(満室等で指定不可の場合を除く)
お部屋での朝食(無料のコンチネンタル・ブレックファスト)
特別価格でのドリンクパッケージの事前購入
メインダイニングのディナー開始時刻のリクエスト(指定・確約はできません)
優先乗船と手荷物の優先お預かり(乗船日のみ)
24時間対応ルームサービス(デリバリー料金無料)
スパ・サーマルエリアの利用(無料/船内で予約が必要です)
トップ・エクスクルーシブ・ソラリウムへのフリーアクセス
キャビンにリラクゼーション用アメニティをご用意 (バスローブ、スリッパ)
ご希望の枕をチョイス
ウェルカムパッケージ (プロセッコ + チョコレート)
メインダイニング専用エリアで、ディナー営業時間内のお好きな時間にお食事
ドリンクパッケージ (プレミアム・エキストラ)
船内WIFI 2デバイス(プレミアム インターネット パッケージ)
毎食、専用レストラン営業時間内のお好きな時間にお食事
専用ラウンジ、レストラン、バー、プール、ジャグジー、サンデッキ、バー等の利用
バトラーサービス

ヨットクラブはファーストクラスみたいなもので、お値段高すぎなので除外。

ファンタスティカとアウレアのどちらにする?

で、選択肢を見ていった結果、赤字のところ!

 

・メインダイニング専用エリアで、ディナー営業時間内のお好きな時間にお食事

これです。もうこれだけが絶対必要で我が家はアウレア希望に決定です

というのも…

息子、2歳~3歳で旅行に行くようになって思ったのは

予約した夕飯の時間に寝てしまっている!

という難題に、幾度も苦しんだから…

旅行中は本人もテンション上がって、お昼寝は中々してくれない

でも夕方になると結局エネルギー切れて爆睡…みたいな。

ディナーの予約なんか入れてあると(ディズニーのP.S.もそう)本当にいつも困るんですよね(泣)

なので、「メインダイニングに好きな時間に行ける」

これが超重要でした。

ファンタスティカにした場合、まず夕飯の時間(1部、2部、繁忙期は3部まである)が希望できるかどうかわからないし、たとえ1部の17時にできたとしても

レストランに入場できるのは17:00-17:15の間、という制限があります。

幼児の子連れには少々厳しく感じます。

でも、どの船にも自由な時間に行けるビュッフェレストランもあるので、メインダイニングに行かなくてもビュッフェに行くという選択肢もあります。

 

0歳~2歳で長時間のディナーが厳しいなら、逆にビュッフェだけと割り切るのもありです。

 

 

どこの旅行代理店にする?

現状、日本発着のクルーズ旅行は旅行代理店からしか申し込めません(※外国籍の方を除く)

最近ではクルーズの認知度が上がってきたためか、取扱業者も増えた印象があります。

※その中でも、個人的なオススメはベストワンクルーズさんです。理由については後述しますね。

まず、いくつかの代理店に空き室があるか問い合わせる必要がありますが…

今回は、私たち家族と私の両親の3世代(5人)で行くことにしたので、アウレアかつコネクティングルームが希望でした。

MSCベリッシマにもコネクティングルームはありそうだったものの、数は少なそうなので

とりあえず、4社に問い合わせてみたところ、以下の回答がきました。

クルーズ代理店アウレア、コネクティングルームの空き状況
JTBそもそもこの日程の取り扱い無し
クルーズプラネットコネクティングルームの指定不可
ベストワンクルーズコネクティングルームは満室
ビュート(BUTE)1ペア(2部屋)のみ空きあり

え・・・っと。

代理店によって状況が異なることが判明!

ご覧いただいた通り、コネクティングルームの指定ができるのがビュートさんだけだったので、もう選ぶ余地なしです。

速攻で予約の手配をお願いしました。

それにしても…、JTBの「取り扱い無し」には少々驚きました。でももし取り扱いさえあれば、近隣の店舗で直接相談できるJTBさんは強いです。特に初めての方にはオススメ。

閑散期のクルーズについてはクルーズ専門の代理店に依頼した方が良さそうですね。

私の知る限りですが、クルーズ旅行はどこの代理店に依頼しても基本の値段は同じです。ただ、おまけに商品券がついたり、リピーター割引があったり、キャンセル規定が異なったり、空き室が異なったり等の差はあります。

ベストワンクルーズをおすすめする理由

今回は残念ながら希望の空き室がなくて利用できませんでしたが、以前に利用したことがあるので、できれば私もリピーター割引を使いたかったです。

それだけでなく、ベストワンクルーズをおすすめするポイントは

  • 取り扱いクルーズの量と情報量が半端なく多い
  • 問い合わせただけでパンフレット送付してくれる
  • メールの対応も迅速
  • 各種割引あり、Amazon商品券などがもらえたりする
  • スタッフ乗船のケースが多い

とにかく、情報量が多くてサイトを眺めているだけでも楽しいんです。

MSCベリッシマの特集サイト

ダイヤモンドプリンセスの特集サイト

メルマガでもいち早く予約の開始を知ることができますし、私はクルーズの情報を得たいときはまずベストワンクルーズのサイトを見に行っています。

ジャパネットはどうなの?

ご存知の方もいるかもしれませんが、MSCベリッシマはジャパネットも度々チャータークルーズを催行しています。

ただ、ジャパネットが主催するMSCクルーズは

  • オプションが最初からコミコミで割高
  • 閑散期の平日を多く利用

という印象です。会社員には行きづらい日程が多いです。

その代わり、オプションが手厚いので、クルーズ初めての方やサポート重視な方におすすめです。

予約時の支払総額を公開

ビュートに予約をお願いし

無事にコネクティングルームを押さえてもらうことができました!

これで一安心です。

次に必要なのは、旅費の支払いです。

旅行代金

クルーズ旅行、予約時に結局いくらかかる?

今回のMSCベリッシマ、6泊7日、大人4人+こども1人での予約で以下の通りとなりました。

 

内容単価合計
バルコニー アウレア(BA)106,800円4427,200円
港湾税30,000円5150,000円
合計  577,200円

意外と安い!!

というのが正直な感想です。バルコニールームでこの価格…嬉しい限りです。

理由としては、閑散期、片道クルーズ、寄港地が少ないためと思われます。

乗船後にかかる費用

クルーズ旅行は乗船後に支払いが必要となる項目があります。

今回は以下のように案内されました。

▼別途費用(船内精算/おひとり様あたり)
〇船内チップ
[7日間]
・大人(13歳以上):USD87.00(約13000円)
・子供(2~12歳):USD43.50(約6500円)
・子供(0~1歳):無料
〇国際観光旅客税
 :1,000円相当のUSD

この他にも、メインダイニングでのドリンク、船内での買い物、有料レストラン利用、各種有料サービス利用は乗船後の清算となります。

 

支払い時の注意事項

海外旅行などでも、普通は内金数万円を最初に入金して日程が近づいたら全額入金、だと思うのですがビュートで申し込んだプランはちょっと違いました。

案内された内容は以下の通りです

▼仮予約後の流れ
1、予約書面発行  :eメールにて、予約確認書、ご請求書をお送りいたします
2、ご旅行代金ご入金:予約後3日以内に、ご旅行代金全額をご入金ください
3、乗船券     :ご乗船21日前を目安に、乗船券類をお送りいたします
▼ご決済方法
銀行振込、若しくはクレジットカードでのご決済を承ります
▼お取消料
ご入金直後より、お取消料が発生します
やはり、驚いたのは赤字部分です。
  • 3日以内に全額入金
  • 入金した時点からキャンセル料発生

このパターンは初めてかも…

でもすでに述べた通り他の代理店にするという選択肢はなかったので、クレジットカードで即お支払いしました。
この旅行会社がというわけではなく、もしかしたらMSCベリッシマがそういうルールなのかもしれないですね。

ビュート(BUTE)の特徴

初めて申し込んだ旅行会社ですが、他にも以下の案内がありました。(プランによって違うようです)

■EZパック利用のコースです
本コースは、リーズナブルにクルーズをご提供するため、一切の郵送サービスを割愛する[EZパック]にてご提供させていただいております。
乗船券は、PDFファイルでお送りしますので、ご自身で印刷し港にご持参ください。
パンフレット、乗船券の郵送をご希望の方は、お一人様あたり5,500円のサービス料を申し受けます。

郵送物一切なし!!

これは…、自宅プリンタにバリバリ働いてもらうことになる事態です。

郵送物なし、も私の経験上初めてです…

でも、不明点などはメールで聞けば普通に教えてもらえますよ

初めての方にはちょっとサポートが足りないかもしれませんが、経験者の方にはおすすめできる代理店です。

クルーズ旅行予約のコツ(できるだけ安く行くためには…)

外国船の場合、スケジュールの発表や予約の開始がとても早いです。

特にダイヤモンドプリンセスはその傾向が強く、2024年1月時点でもすでに2025年のプランが発表になっています。

少しでもお得に乗船するコツとしては、出来るだけ早く予定を立てて

・早期割引プランに申し込む

というのが1つです。(船によってはないケースもありますが)

特に、会社員や学生が休みやすい時期は予約が埋まるのも速いので、ぜひ早めに検討したいところです。

ダイヤモンドプリンセスの早期予約割引について見てみる

逆に、間近になってからの

・直前割に申し込む

こちらの方が、割引率が高い気がします。ただし、当然ながら閑散期の空き室が多いときに使える手段になります。

部屋指定不要であれば、繁忙期でも直前割に申し込めるケースもあります。

まとめ

長くなりましたが、計画を立てる→予約する までをとりあえず記事にしてみました。

支払いも済んで一安心… ここからゆっくり準備を…

と行きたいところですが、

息子のパスポート作らないと!

ここは急いでやらないとです。

次回は準備編を書く予定です。

 

スポンサーリンク
ディズニー英語システムの詳細はこちら!
無料サンプルまだの方はぜひ試してみて欲しいです。1度聞いたら忘れられない英語のフレーズ…耳に残るのが実感できると思いますよ!
ブログランキング参加中!
クリックして応援して頂けると励みになります…
にほんブログ村 英語ブログ DWEへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
MSCベリッシマ20243歳-4歳子連れお出かけ
Saraをフォローする
スマイルおやこえいご

コメント

タイトルとURLをコピーしました